ともちんの勉強机

ともちんの勉強机

自身の体験から得た知見を発信するブログです!

「テスト勉強イヤイヤ病」とは

テスト勉強イヤイヤ病(てすと べんきょう いや いや びょう)

(名)
① テスト勉強に対する嫌悪感が自身の行動に現れること。現実逃避。
② 特に、テストに全く関係のない行動をしようとすること。セルフ・ハンディキャッピングともいう。

(補足)
テストに対して無関心である人は、これに当たらない。
テスト勉強イヤイヤ病の症状が現れる人には、以下のような特徴を一つ以上持つ傾向がある。
まず、テストに対する無力感である。テストによって継続的に自尊心を傷つけられ、テストのことを考えると胃がキリキリしてしまうような人がこれに当たる。
次に、テスト勉強をしない自分に対する自己愛である。この特徴を持った人は、テスト勉強をしないことによって、テスト結果を自身の環境に責任転嫁することができる。テスト結果が良い場合、テスト勉強をせずに良い結果を出した自分を誇りに思う。テスト結果が悪い場合、テスト勉強しなかったことを言い訳に使う。このように、失敗から自分の身を守っている人がこれに当たる。ちなみに、この行為は自分と向き合っていないために生まれることが多く、この行為を続ける限り成長はできないことが見込まれる。
最後に、他人に合わせることである。テスト勉強はやるべきことだと認識しているため、特にイヤという気持ちはないが、他人がそう言ってるからと他人に合わせる人がこれに当たる。その性格上、このような人は、いわゆるモブキャラと化す傾向にある。

(要出典)