ともちんの勉強机

ともちんの勉強机

自身の体験から得た知見を発信するブログです!

入学しました

おはようございます、ともちんです。

4月3日火曜日、東京工業大学の入学式に出席しました。

噂に聞いていた学長の英語での式辞もありましたが

クソザコリスニング力を持つ私でも聞き取れたので、やはり日本人が話す英語だなぁと感じました。

式辞の中で Diversity (多様性) という言葉がありましたね。

知っての通り高専生はもちろん、人の生き方には Diversity があります。

ある物事に対する感じ方も、人間関係の築き方も、話し方や気分にだって Diversity があります。

人種差別やいじめなどは、Diversity に関連した社会問題でしょう。

最近とある方とお話したとき、「Diversity というのは、人類が生き抜くために形成されたものだと思うんだ」というような意見を頂きました。

すごいこと言うなぁと感心したのですが、どういうことかよくわかりませんでした。

みなさんはわかりますか?

ふむふむ。

まあ考えなくてもいいです。

私は、何かをするために Diversity が形成されたわけではなくて、「ただ Diversity が存在するだけだ」と考えています。

特別意味づけする必要ってないじゃないですか。

意味づけしてしまうからこそ、現実がその意味からずれてしまった際に悩んでしまうと思うんです。

それで

「ただそうであることを受け入れること」

これが私に合った Diversity に対する向き合い方だと、今は思っています。

さて、東工大の入学式に出席しまして、他の編入生と改めて顔を合わせたときに、新しいコミュニティーがこれからもっと形成されていくんだなと実感しました。

編入生を観察すると、SNS で仲良くなった方たちや同じ系の方たちの仲は深まっていると思うのですが、編入生全体のコミュニティーとしてのアイスブレイクがまだできていないなと感じています。

コミュニティーこそ Diversity が溢れる場所。

一人一人と向き合って、みなさんの生き方を知っていきたいです。

では。